会津若松商工会議所青年部は、地域経済発展の支えとなり、新しい文化的創造をもって、豊かで住みよい郷土づくりに貢献することを念頭に活動しております。
  “挑戦−Challenge”のスローガンの下、総務・観光政策・人づくり・文化戦略・地域政策の5つの委員会体制で臨み、現在の不安に満ちた社会情勢を打破すべく、全力で「挑戦」を続けて参りました。私達青年部の本来の役割は、「10年後、20年後の会津人のために様々な事業を展開し建議」をすることと考えています。
  小学生の起業家精神を養うための『ジュニアエコノミーカレッジ』事業、会津文化向上と未来人財育成のための『会津エンジン』事業、会津らしいまちづくりのための『鐘の鳴る街事業』等を展開し、これらの事業活動の中から新たな地域振興策を見出さんと日々努力と研鑽を重ねております。また、前回の提言・建議書に記載致しました”マイ箸”についても再度提言致します。地場産業の振興と世界的環境保護の観点からも継続して活動致します。
  平成20年度も会津の発展に向けた青年部からの様々な提案を『提言・建議書』として取りまとめました。愛する会津が世界に誇れる街になるよう、地域社会が健やかに発展するよう、我々は何をすべきなのか、そして何ができるのかを地域の皆様と共に考えて参りたいと思っております。何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 
平成21年1月 会津若松商工会議所青年部 会長 真部正美
 



目次(全てPDFファイルです)
官民相互連携によるアントレプレナーシップ教育の推進
 
 はじめに
 民間主導型の起業教育として
 事業の概要とカリキュラムについて
 ジュニアエコノミーカレッジの特徴
 ジュニアエコノミーカレッジの影響力
 ジュニアエコノミーカレッジの目指すもの
 まとめ
 
会津文化の再発見と新たな文化の創造〜会津エンジン事業〜
 
 はじめに
 会津エンジンのあゆみ 01020304
 会津エンジンの方向性
 提言のまとめ
 
『鐘の鳴る街会津』事業の推進
 
 はじめに
 「鐘の鳴る街会津」事業概要
 期待できる効果
 視察・研修報告
 今後の展望
 まとめ
 
「箸の商品化による会津塗の活性化」會津版マイ箸のススメ
 
 はじめに
 マイ箸(持ち箸)とは
 割り箸の現状について
 マイ箸を持参する効果
 普及のために
 提言のまとめ
 

平成20年度提言・建議書完全版【zipファイル 11.8MB】
*左クリックでディスクに保存して下さい



事務局 会津若松商工会議所 担当:簗取 h-suzuki@aizu-cci.or.jp
0242-27-1212 FAX0242-27-1207