会津若松商工会議所青年部−Young Entrepreneurs Group of Aizu-Wakamatsu こちらは会津若松商工会議所青年部です。
当サイトでは、私たちの主な地域活動をご紹介して参ります。
会津若松商工会議所青年部ホームページへ
青年部へのメールはこちらから
会津若松商工会議所ホームページへ
会津若松商工会議所青年部「過去の事業紹介」
会津若松商工会議所青年部「会長あいさつ」
会津若松商工会議所青年部「会員名簿」
会津若松商工会議所青年部「組織図」
会津若松商工会議所青年部「委員会及び事業紹介」
会津若松商工会議所青年部「Webかわりばん」
会津若松商工会議所青年部「今後の事業」
会津若松商工会議所青年部「歴代会長紹介」
会津若松商工会議所青年部「リンク集」
会津若松商工会議所青年部「お知らせ」
ジュニア・エコノミー・カレッジ
会津若松商工会議所青年部からの提言・建議書
会津若松商工会議所青年部
Young Entrepreneurs Group
of
Aizu-Wakamatsu
〒965-0816
福島県会津若松市
南千石町6-5
TEL:0242-27-1212
FAX:0242-27-1207
e-mail:
tabe@aizu-cci.or.jp
Today

観光委員会事業

平成21年度観光委員会事業計画

 鐘の鳴る街事業

 街中観光事業

 さくらの町会津のイメージアップ

 冬の観光集客力向上

 特区制度活用による観光振興施策の研究

 各種祭り・観光に関するイベント手伝い

 観光先進地視察

桜の植樹体験事業     11/29/2009
桜植樹体験事業

 11月29日、小田山において桜の植樹を市内の子供達60名の参加により実施。

 この事業は、こども未来財団の助成を受け初めて実施。桜景観整備に努めているNPO法人はるなか様の植樹祭に参加し、本事業を通じて子供たちに桜景観の素晴らしさを啓発し、将来は子供たちの手で新たな桜の名所を作り出してもらいたいとの思いから実施したものである。

 当日は兄弟や友達同士のグループが桜の苗木を植樹する作業を行い、参加した子供たちは自分達の桜の成長を永く見守ってゆきたいと心を弾ませていた。

特区制度利活用シンポジウム     8/28/2009
特区制度利活用シンポジウム

 8月28日(金)、御宿東鳳において、特区制度利活用シンポジウムを開催。

 この事業は、若手後継者等育成事業として福島県商工会議所青年部連合会主催、当青年部主管として実施したもので、当日は、県内の商工会議所青年部及び全会津の商工会青年部、関係団体約100名が参加し、特区制度の利活用による地域・観光振興について学んだ。

 先ず、第1部に内閣官房地域活性化統合事務局参事官補佐の山内洋志氏(会津坂下町出身)から特区制度についての説明会があり、その後の2部では、山内氏をコーディネーター、パネリストに渋川恵男当所副会頭、荒木孝康会長、NPO法人えがおつなげて代表理事曽根原久司氏によるパネルディスカッションを行い、実際に特区を活かして地域振興に取組んでいる事例や特区認定が観光・地域振興に与える効果など新たな視点からの地域社会活性化について学んだ。

「浴衣で触れよう会津の歴史」事業     8/16/2009
浴衣で触れよう会津の歴史

 8月16日(日)、市文化センター及び鶴ヶ城鐘撞堂において「浴衣で触れよう会津の歴史」を市内の小学生など21名の参加により実施。

 当日は、参加者全員が浴衣を羽織り勤労青少年ホーム茶道クラブのメンバーの指導による茶道体験や戊辰戦争と白虎隊について学ぶ電気紙芝居、藩政時代の雰囲気を感じる鐘撞き体験を行い、参加した子供たちは初めての体験に楽しみながら会津の歴史に理解を深めた。

 この事業は、こども未来財団の助成を受け初めて実施した事業であり、11月にも市内の小学生などを対象とした桜の植樹体験を実施する予定。

「鐘の鳴る街会津」鐘撞き事業     5/3/2009〜5/5/2009
鐘撞き事業

 ゴールデンウィークの5月3日〜5日、鶴ヶ城鐘撞き堂にて大勢の観光客と鐘撞きをし、「仏都会津」を堪能した。

 当事業は、会津の魅力再発見、観光客の思い出づくりを目的に平成17年から実施している。3日間で約400名の観光客が鐘を撞き、城下町会津の春の夕暮れを楽しんだ。当事業は、お盆期間中にも市内の寺院で実施する予定。

新着/更新ファイル
 
会員各位へのお知らせ

 

Copyright © 2005-13 aizu-cci.or.jp All rights reserved.
このページのトップへ